会長挨拶

会長 遠藤逸朗

会長 遠藤逸朗

徳島大学大学院医歯薬学研究部生体機能解析学分野
徳島大学病院内分泌代謝内科学

このたび第22回日本内分泌学会四国支部学術集会を開催せていただくことになりました。このような機会を与えていただき、四国支部代表の松浦文三先生はじめ、副支部長の村尾孝児先生、幹事、評議員の先生方に心よりお礼申し上げます。本学会の会長を務めさせていただくことは大変光栄なことであり、少しでも有意義な集会とすべく、十分に準備をして臨みたいと考えています。

現在も猛威を振るっています新型コロナウイルス感染症の影響により、過去2年の学術集会はWeb開催となりました。いまだこの学術集会もどのような形で開催できるのか慎重に検討中でありますが、蓄積されたコロナ対策のノウハウを活かして、充実した内容にしたいと考えています。本学術集会では2つの特別講演、ランチョンセミナー、女性医師セミナー、そして教育講演と、いずれも内分泌代謝疾患に関する最新の情報をご教示いただけるようにプログラムを作成中です。また例年同様、優秀演題賞も準備しておりますので、是非ふるって演題を応募いただければと思います。

内分泌代謝領域は、"全身を診る"ことができ、"複雑な病態を評価"できる知識やスキルが必要な医学分野と考えます。是非、本学術集会に参加される若手の先生方にこの面白さや奥深さを知っていただくことにより、内分泌学会、さらには本領域の発展に少しでも貢献できれば幸甚です。

皆様の多数のご参加をお待ちしております。どうぞよろしくお願いいたします。

© 第22回日本内分泌学会四国支部学術集会 . All Rights Reserved.